このサイトについて

はじめまして、当サイト「Luxury & Import」へのご訪問ありがとうございます。 サイト管理人の「Rika」と申します。

私はもともとアメリカやヨーロッパから輸入するインポートの洋服やバッグが好きで、暇があれば表参道や銀座の様な大きな街の路面店、デパートやセレクトショップを見て歩いてたまには奮発して気に入ったものを購入していました。

そうするうち、気に入ったブランドの商品がもっとないものかとインターネットで検索するようになり、デパートやショップで売られているものの多くは、海外ショップでは大幅に価格が低いという事に気が付き、自分で直接購入したいと思うようになりました。

輸入品の販売においては、関税や消費税といった税金や国内で販売する費用が発生し、また、ファッション品は大量に輸入し販売できるものでもないため、どうしても価格が高くなります。そこで個人輸入すると関税等の税金がセーブできたり、中間に入る費用がなくなるため、より低価格で入手できることが多いです。

当初はクレジットカードを使い海外のショップで決済することが少し怖かったり、注文した物が実際DHLやEMSという形で手元に届くまではドキドキしたものです。 そうして買い物を繰り返すに従い、日本に商品を配送してくれるような、大手の海外のオンラインショップからの国際通販はごく安全であり、配送期間も大体2日~1週間程度と、国内での通販と比べ遜色がないこと、そして返品も、送料がかかったり高額商品の場合関税分は返金対象とならなかったりするものの、期間は大体10日から1か月と長く、システムもしっかりしているので、取り寄せの失敗もそれほど致命的ではないという事がわかりました。

お店を歩き回っても好きな洋服を見つけるのは難しいですが、ネットを使い世界中から自分の好きなものを探せるということで、チョイスもぐんと広がって嬉しい限りです。

今では、私自身の日常的に着用するもののほとんどは海外からの通販によるものですが、便利で価格もよく、チョイス豊富な国際通販を利用している方は結構少ないと思っています。

このサイトでは、私は「国際通販サイトへのリンク」で、自分で利用したファッションの国際通販サイトで、優良でおススメできるものをご紹介しています。また、「ファッションブランド」のカテゴリーでは、超有名なハイブランドや、日本でまだあまり馴染みのないコンテンポラリーなブランドについて、お取扱いのある国際通販サイトや人気商品の例をご紹介します。そして、「お買いもの日記」では、私の個人的な国際通販の体験や、気になっているブランドやグッズ、エピソードをご紹介、また「ショップ」を開設予定ですが準備中です。

私が「国際通販サイトへのリンク」でご紹介しているショップからの個人輸入の代行も承ります。輸入代行手数料は、どんな商品でも実費(商品代金+諸税+国際送料)にお手数料(商品代金の10.8%+国内送料)にてお引き受けします。ご興味がありましたら、是非お問い合わせフォームからご相談ください。

2015年3月

Luxury & Import

管理者 Rika